中古車オークションのシステムを学んで、素晴らしいマイカーライフを送ろう

メインイメージ

参加方法

中古車オークションを利用する際の参加方法

中古車オークションでは低価格で落札できることや、高額で売却ができるメリットがありますが、個人の場合と業者の場合では参加方法が異なります。中古車オークションは業者間取引を基本としていますので、個人が直接利用することはできないのが基本です。個人が落札又は出品する場合には、オークション代行業者に依頼するのが基本となります。

また個人的に参加資格を得る方法も考えられますが、参加条件は業者に対してのものとなりますので個人で参加するのは極めて難しいと言えます。

ですから個人で参加するには、中古車オークション代行業者に依頼するのが一般的な参加方法となります。中古車販売店がオークションに参加するには、オークション会場の審査を受けて受理されなければいけませんが、審査には一定の条件がありますので誰でも参加できる訳ではないのです。

中古車オークションの参加資格はオークション会場によっても若干異なりますが、古物商許可証を受けてから一定上の年数を経過している必要があります。1年以上となっているのが一般的ですが、入会するオークション団体に確認する必要があるとえ言えます。2点目には、常設の展示場と事務所を持ち営業を行っていることがあります。
一般的な中古車販売店では在庫車の展示を行っていますので、条件を満たすことになります。
ですから店舗や展示場を持たずに横流しを目的としたブローカーには参加資格が無いことになります。3点目には連帯保証人を付けられるという条件がありますが、人数に関しては各団体によって異なっています。

他にも保証金が必要な場合もあれば、オークションに参加している同業者からの推薦状や紹介状が必要な場合もありますので、入会する団体に合わせて条件を満たす必要があります。個人で参加資格を得るのは極めて難しいと言えますので、中古車販売店を開業しない限りは、参加資格を持つ代行業者に依頼してオークションに参加するのが良い方法だと言えます。
中古車オークションの参加資格は業者にとっても厳しい条件がありますが、参加資格を厳しくしなければ悪質な業者が増えてしまう問題があります。

修復歴の隠ぺいや距離計の改ざんなど正常な取引に支障を来すことになりますので、参加条件を厳しくして正常な取引ができるようにしているのです。

中古車オークション代行業者は、業者ごとに代行に関する費用が異なりますので、安く落札したつもりが中古車販売店の価格とほとんど変わらないといった状況が起こります。ですから良心的な料金設定の業者を選ぶことが大切なのです。

最近の投稿


 

会社設立の料金とフロー