中古車オークションのシステムを学んで、素晴らしいマイカーライフを送ろう

メインイメージ

歴史について

中古車オークションの歴史は高度経済成長とともに

中古車オークションとは別名オートオークションとも呼ばれています。
その歴史は比較的新しく、その元はトヨタ中古自動車販売株式会社が昭和42年に開いた第一回トヨタ中古車オークションが一番最初だと言われています。第二次世界大戦が終わり、高度経済成長により各家庭はやっと一台の自家用車を持てるようになってきたのです。

新車がたくさん出回ることで、買い替などで車が下取り車両が増加の一途をたどり、店頭には過剰在庫の車両で溢れてしまい店側もとても困っていましました。その過剰在庫を市場に流通させる目的で、手セリ方式で中古車オークションがスタートしたのです。メーカー系オークションとも呼ばれていました。

中古自動車の市場が盛んになり、全国で中古車を転売する手法で利益を出していたのが中古車販売業者なのです。昭和60年に日本で初めてオークションの会場に車両を持ち込みせず、車両のデータだけを収集し専用の端末でオークションを開催するTVオークションを行ったのがオークネットと言われるものです。

初期のオークションは常設の会場もなく、自社で所有する空き地やデパート等の駐車場を借りて販売店の同業者などで共同で出品する車を集め、不定期でオークションを開催していたのです。

1970年代にその状況は一変したのです。散在している中古車ディーラーが業界の効率や安全、そしてその地位をより強固にするため中古車販売事業者の有志たちの共同出資で同業者組合を設立し、東京都墨田区押上に常設に会場が初オープンするのです。徐々に業界は健全に回り始め効率的に運営できるようになったのです。

多くの業者が交流していくようになり誕生したのが組合系オークションとなるです。しかし目的はお客に対してサービス向上させることではなく、業者間の在庫を交換しあうといった業者間での効率の良さを追求したものでした。
これは1980年代には企業系オークションと発展してくのです。これがまさに今ある体系の原型となるものでした。

中古車オークションは発展をし、平成8年には約400万台、平成20年には市場年間出品台数は800万台を大きく超えることになるのです。たった十数年で台数は倍以上になっているのその成長の凄まじさがわかるはずです。

このように中古車オークションは時代のニーズとともに歴史を歩んできたのです。そして今後も大いに発展していくことは間違いありません。

最近の投稿


 

会社設立の料金とフロー