中古車オークションのシステムを学んで、素晴らしいマイカーライフを送ろう

メインイメージ

一番安いのは?

結局価格が一番安いのは?中古車オークションなど比較

中古車を購入する場合、価格が安ければ良いというものでもありませんが、しかし安ければ安いほど嬉しいのも人情です。無理とは分かっていても、つい中古車販売店の担当者に軽く値切ってみたりすることもありますよね。

どういうルートから買うのが一番安いのか。まずは価格面だけを基準に考えてみます。まず中古車の購入ルートの確認です。購入ルートには大きく3つがあります。中古車販売店、個人売買、中古車オークション業者です。

中古車販売店は、上記3者の中では、価格は最も高めです。購入者の手元に届くまでに複数の中間マージンが発生するためです。次に高いのが、中古車オークション業者です。
これも業者に落札のための手数料等を支払うため、その分高くなります。そして一番安いのが個人売買です。間に業者をはさまないので、当然ながら一番安くなります。知人から無料で譲り受ける、などという例もあるでしょう。

以上、購入の入口段階での価格の比較です。しかしながら、車にかかるお金は、入口だけではありません。
税金やガソリン代は仕方ないにしても、修理やメンテナンスに余分にお金がかかってしまったり、購入した車をめぐるトラブルに巻き込まれたりしたら、せっかく入口で安く買ったのに、長期的には高い買い物になることもあります。

個人売買におけるトラブルは多く聞きます。素人同士の取引ですから、トラブルが多くなるのも頷けます。契約上の不備や不十分なメンテナンスが原因で、結局、販売店で買うよりも手間もお金もかかってしまうケースもあります。
トラブルを避けるためには、しっかりとした知識が必要です。

もちろん車の専門業者から購入すれば、そのようなトラブルは基本的にありません。中古車販売店はもちろん、中古車オークション業者も車のプロですから、その点は安心です。
中古車販売店と中古車オークション業者のメリット・デメリットはそれぞれありますが、納車時点での車の状態や品質には変わりありません。
状態が悪ければ、ともに相応の値段で販売されます。そうしたことを考えると、購入後に車に不具合があった際の早急な対応については中古車販売店に軍配が上がりそうですが、価格面を重視するならば中古車オークション業者に軍配が上がりそうです。
上述の通り、単に安いからと言って飛びつくと、その後のトラブル処理のためにかえって高くつくこともあります。購入後のことも考えて、自分はどういう目的で車を買うのかをよくが考えて業者を検討しましょう。

最近の投稿


 

会社設立の料金とフロー